頭痛に効く聴く名曲クラシックグランプリ 2013年に実施した、頭痛に悩んでいそうな偉人を選ぶ「頭痛顔偉人グランプリ」で見事1位に輝いた「ベートーヴェン」!音楽家の彼に因み、今年は“聴く”とあなたの頭痛に“効く”(かもしれない)クラシックの名曲No.1を決定します! ランキング発表!今回のグランプリは、「ショパン」でした!たくさんのご投票ありがとうございました。ご当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせて頂きます。

「頭痛顔偉人グランプリ」
topics 20錠パッケージが新発売 痛みや熱に早く効くバイエルアスピリンに、新たに20錠パッケージが仲間入りしました!アスピリンは世界80ヵ国以上で使用されている解熱鎮痛薬。1回1錠で、頭痛はもちろん、肩こり痛、腰痛にも効果を発揮します。 世界から日本へ。痛み・熱に早く効くバイエルアスピリン
topics バイエルアスピリンは2014年で誕生115周年を迎えました 世界中の人々を痛みから解放してきたバイエルアスピリン。その誕生はバイエル薬品の科学者フェリックス・ホフマンが世界で初めて純粋かつ安定した形でアセチルサルチル酸(バイエルアスピリンの有効成分)を合成したことから始まりました。その後1899年にドイツで商標登録をされてから今日に至るまでの115年もの間、ドイツや日本をはじめとする世界各国で痛みに苦しむ人々に寄り添い続けています。
バイエルアスピリンをもっと詳しく知るならこちら
(再生ボタン)を押すと、音が鳴ります。音量にご注意ください。※続けて曲をお聴きになる場合は、1曲毎に停止ボタンを押してお聴きください。(そのまま再生すると、重複して曲が流れます)
この曲を聴く
1位 ショパン(ポーランド)“ ノクターン第2番 変ホ長調 Op.9-2 ”1831年に作曲され、もっとも有名な曲。一般に「ショパンのノクターン」といえばこの曲を指すことが多い。この曲に投票した理由 ♪ピアノの詩人 ショパン・キレイな旋律が癒してくれる。さすがピアノの詩人ショパン!・ピアノの詩人と言われたショパンの優しい流れる様な旋律は、痛みを和らげ気持ちを穏やかにしてくれそうです。・ピアノの詩人と言われるショパンの曲を聴くと、頭痛など飛んでいきます。♪安眠効果に期待?・うっとりとして寝つきがよくなります。頭痛にはまず睡眠です。・もともとショパンが好きなのですが、優しい曲調で静かに寝ているうちに頭痛も治まりそう。・聴いていると、曲に引き込まれてそのまま眠りにも引き込まれそう。すると、目覚めた後、頭痛が治っているようなイメージがあったので選びました。♪懐かしさを感じるメロディー・なんだか懐かしい気持ちになり、頭痛を治す様な気がする・ゆったりしたリズムで安心して聞くことができる、やさしいピアノの音とともにいつも頭に浮かぶのは、秋の落ち葉の中を恋人が歩く姿。初々しい懐かしい気持ちになれます。(今は、怒ることが多いので・・・)・聴いていてホッとする。安心感のある音色です。どこかで聞いた懐かしい曲。
この曲を聴く
2位 バッハ(ドイツ)“ G線上のアリア- 管弦楽組曲 第3番 ニ長調 ”『管弦楽組曲第3番』BWV1068の第2楽章「アリア」の、ピアノ伴奏付きのヴァイオリン独奏のための1871年の編曲版の通称。この曲に投票した理由 ♪森林浴のような爽やかな印象・さわやかな森の中を歩いているような感じがして、頭痛が治りそうな気がしました。・深い森の中に寝そべって木洩れ日を浴びながら深呼吸をすると、体中がリセットされるような荘厳なこの曲を聴くと、頭痛がだんだん穏やかになってくるようなバッハのこの曲を選びました。♪バイオリンの音色・バイオリンの音色が美しく、頭痛がしていても心地よい眠りにつけそうだと思いました。・バイオリン曲は本当に心に響き渡ります。これを聞いたら体も癒されるだろうと思います。体全体に染みわたり、引き込まれ、目が自然にふさがり、眠りへと導いてくれるでしょう。病む人たちに光を与えてくれる、素晴らしい曲だと思っています。♪卒業式で流れた思い出の曲・中学校の卒業式の入場で使われていて、その頃から癒してくれるし尊厳のある曲だなと思っていました。当時の事も思い出すし大好きな曲です。・卒業式や表彰の定番曲であり、日本人にとても馴染みがあるように感じた。また、この曲を聴いているととても心が落ち着いてくるので頭痛などに効くリラックス効果があると思う。・専門学校卒業式に流れていました。未来に向かっていたあの頃を思い出すと頭痛にも効くような気がします。
この曲を聴く
3位 ベートーヴェン(ドイツ)“ ピアノソナタ第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」 第2楽章 ”1798年に作曲され、ベートーヴェンの三大ピアノソナタにも含まれる初期を代表する傑作として有名。この曲に投票した理由 ♪まさに【悲愴】・題名がぴったり。頭痛は、悲愴です。優しく心に残る旋律が穏やかになる気がします。・空気がまろやかになって頭痛がよくなりそうです。悲愴という曲名も頭痛のときにはぴったりな気がします。♪切ないメロディー・ゆったりとした切ないメロディーが頭痛を鎮めてくれそうだと思ったので・切ないようで優しいメロディーに、癒されて、痛みも和らいできそうです。・切ないメロディーラインで心が安らぎ、頭痛の痛みが徐々に気にならなくなりそうだから。♪頭痛顔偉人のインパクト・見るからに頭痛持ちっぽい人なので・・・。・ベートーヴェンの表情と曲がいかにも、頭痛持ち。まさに頭痛に効果のある曲だ。・苦悩の音楽家なので、頭痛持ちな気がします。
4位 ドビュッシー(フランス) 《ベルガマスク組曲》より3.月の光

『ベルガマスク組曲』の第3曲。ほとんどピアニッシモで演奏される夜想曲で、優しく切ない曲想で有名。

この曲を聴く
この曲に投票する!
5位 モーツァルト(オーストリア) アイネ・クライネ・ナハトムジーク ト長調K.525 第2楽章

モーツァルトの楽曲の中でも非常に有名な曲の一つである。1787年8月10日にウィーンで作曲が完了された。

この曲を聴く
この曲に投票する!
6位 瀧廉太郎(日本) 組歌《四季》から第1曲「花」

1900年(明治33年)11月1日付に共益商社出版から刊行された歌曲集(組歌)『四季』の第1曲。

この曲を聴く
この曲に投票する!
7位 サティ(フランス) ジムノペディ No.1[ピアノ版]

1888年に作曲したピアノ独奏曲で、古代ギリシャの祭典「ジムノペディア」が描かれた壺画にインスパイアされ作曲されたとも。

この曲を聴く
この曲に投票する!
8位 エルガー(イギリス) 愛のあいさつ Op.12sgr

1888年にエルガーのピアノの生徒であったキャロライン・アリス・ロバーツとの婚約記念に贈った曲。

この曲を聴く
この曲に投票する!
9位 チャイコフスキー(ロシア) 弦楽セレナーデ ハ長調Op.48 第1楽章

1880年に作曲した弦楽オーケストラのための作品。チャイコフスキーの代表作の一つとして広く親しまれている。

この曲を聴く
この曲に投票する!
10位 マスカーニ(イタリア) 歌劇《カヴァレリア・ルスティカーナ》間奏曲

1890年初演の歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』中で演奏される楽曲の中でも特に有名。

この曲を聴く
この曲に投票する!